着物の格とはいったい何?

着物買取の素晴らしい世界へようこそ

着物には「格」というものが存在します。が、実際に着物を着る機会のない現在においては着物の格と言われてもピンとこないでしょう、そう、着物の格とはその着物であればどこまでフォーマルな場に着て行っていい、言い換えると格によってオフィシャルな場に着れる着物の種類が決まっているといえます。

まず、格の高さをざっくりと並べると「留袖」「訪問着」「振袖や色無地」「その他着物」と並べられます。この流れでいうと留袖は最も格式が高く、留袖を着用する場はかなり限定され、例えると自分の娘が主役の結婚式の場で着るような着物です。まぁ、ほとんど着る場がないので不用品と言ってもよい着物でもあります。

やはり汎用性の高いのは次の準礼装と呼ばれる訪問着です。準礼装という微妙なる位置づけから、結婚式のような行事に出席するときに着れますし、お茶会のようなもう少し型がくずれた集会に着る事も可能です。

日常的に着る事はまずないですが、イベントごとであれば大体着れるであろう位汎用性の高いスーツのような存在です。